楽天マガジン

楽天マガジンの料金は?月額プランと年間プランはどっちがお得?法人で利用するメリットも詳しく解説!

「楽天マガジンの料金プランが知りたい」

「月額プランと年額プラン。どっちのプランがおすすめ?」

「法人プランって何?」

メジャー級の雑誌が450誌以上読み放題の楽天マガジン!

他社サービスと比べてもかなり格安な楽天マガジンですが、利用するからにはもっともっとお得に利用したいですよね。

今回は、そんな楽天マガジンをよりお得に利用するため、賢い料金プランの選び方について解説していきたいと思います。

年間プランは月額プランに比べ、1年で960円もお得に利用できる分、「まとまったお金が必要」「料金の返金はなし」といった落とし穴もあります。

しっかりあなたに合ったプランを見極めることが大切ですね。

それでは、まいります。

\まずは31日間の無料体験から試してみる/

楽天マガジン

楽天マガジンの料金プラン

楽天マガジンの料金プランは、個人向けプランが2種類と法人向けプランが1種類。

個人向けプラン
  • 月額プラン・・・380円(税別)/月
  • 年額プラン・・・3600円(税別)/年
法人向けプラン
  • 年額プラン・・・6000円(税別)/年

実は、楽天マガジンでは個人向けのプランだけでなく、法人向けのプランも提供されています。

法人向けプランについては、後半で解説するので、まずは個人向けの月額プランと年額プランについて説明しています。

楽天マガジンの料金プランは月額払いと年間払いどっちがおすすめ?初めて利用する方はまずは月額プランを選ぶべし

楽天マガジンの個人プランでは、上記のとおり月額プランと年額プランの2種類があります。

月額プラン 年額プラン 差額
1ヶ月換算 380円 300円 -80円
1年換算 4560円 3600円 -960円

年間購読をすると、先払いでまとまったお金は必要ですが、1年で960円もお得に利用が可能です。

そんなお得な年間プランですが、楽天マガジンを初めて利用するといった方には、個人的にはあまりおすすめしていません。

というのも、年間プランはお得なプランですが、デメリットもあります。

  • まとまった料金を一括で払わないといけない
  • 途中解約がないので、返金がない

「1年間は確実に利用するといった方」には、お得なプランですが、まず手始めに利用したいといった方には、とりあえず月額プランが無難です。

途中で利用しなくなった!と結果、高いプランになってしまったら残念ですよね。

年間プランの方が安くなるとはいえ、月80円程度なので、2、3か月ならそこまで大きく変わってくることもありません。

それに、月額プランから年額プランへのプラン変更は、契約中に気軽に乗り換えることが可能です。

まずは、ガッツリ利用できるか試すためにも、ひとまず月額プランを選んでおけばいいかなと思います。

契約中のプラン変更方法は下記で説明していきます。

楽天マガジンの料金プラン変更方法

「月額プランから年額プランへ」といった料金プランの変更は、気軽に行えます。

楽天マガジンをある程度利用してみて、「1年間は絶対利用できる」と思った方は、ぜひお得な年額プランへ変更しましょう。

プラン変更は、前契約を解約してプランを変更する形になります。

例えば、月額プランから年額プランへ変更する場合、月額プランの契約が終わった翌日に年額プランの料金が決済されて年額プランへ変更になるので、2重で料金を支払うといった心配もありません。

チボリ
チボリ

逆をいうと、年額プランから月額プランへ変更する場合も同様に、年額プラン終了のタイミングで月額プランに切り替わるよ。

年額プランを契約したばっかりの方だと、もちろん返金もないし、1年間は年額プランで利用しないといけないので注意。

とりあえずお試しで利用する方は、月額プランを選んでおきましょう~。

ちなみに解約をしてプランを変更とはいえ、同じアカウントで再申し込みをすれば、閲覧履歴やお気に入り登録はそのまま残るのでご安心ください。

ではさっそく、プラン変更方法を画像付きでわかりやすく説明していきます。

楽天マガジンの料金プラン変更方法│1、メニュー画面から「ご契約内容の確認・変更」ページへ

楽天マガジンの料金プラン変更方法│1、メニュー画面から「ご契約内容の確認・変更」ページへ

楽天マガジンの料金プラン変更方法│2、「ご利用プラン/料金」の「変更する」をクリック

楽天マガジンの料金プラン変更方法│2、「ご利用プラン/料金」の「変更する」をクリック

楽天マガジンの料金プラン変更方法│3、「解約してプラン変更に進む」をクリック

楽天マガジンの料金プラン変更方法│3、「解約してプラン変更に進む」をクリック

楽天マガジンの料金プラン変更方法│4、利用したいプランを選択

楽天マガジンの料金プラン変更方法│4、利用したいプランを選択

利用したいプランを選ぶと、プラン変更完了画面に変わります。

その後、ご登録のメールアドレス宛へ、プラン変更完了メールがくればプラン変更となります。

楽天マガジンから来る登録確認のメールは「@magazine.rakuten.co.jp」のアドレスからきます。事前にこのアドレスが受信できるように指定受信設定をしておきましょう。

楽天マガジンの法人用の料金プランを解説

少し触れましたが、楽天マガジンには、個人向けだけでなく、法人プランの提供もあります。

料金は、1つのIDにつき、年間6,000円(税抜)の一択で、月額換算すると500円で利用できるサービスとなっています。

※店舗などで商用利用する場合は、この法人プランになります。

元々は、個人向けのみで提供されていた楽天マガジンですが、かねてから要望の多かった法人向けプランの希望に答える形で、2018年7月30日より提供を開始しています。

待ち時間が長くなりがちな病院や自動車の整備工場、美容院といったところでの利用を想定しています。

そもそも1つのIDで多くのユーザーが利用することを前提としているので、「しおり機能」や「お気に入り機能」は導入されていません。

法人プランは、個人向けプランと同様に、初回31日間は無料で試すことができるので、サービスの利用イメージを掴むことにはいいですね。

最近では、

「毎月の雑誌で費用がかさむ」

「あと雑誌の置き場所や管理が困る、、、」

といった傾向にある美容室などで導入されているケースが多いです。

個人向けプランと比べて、法人向けプランは若干費用は高くなりますが、楽天マガジンを商用利用するメリットはでかいです。

今回はそんな美容院を例にして、下記で詳しく説明していきたいと思います。

楽天マガジンを導入する店側のメリット

まずは、楽天マガジンを導入した場合の店側のメリットについて解説します。

楽天マガジンを導入すると毎月の経費が大幅に削減できる

やはり圧倒的なメリットとしてはコスパの良さです。

法人プランだと年間6000円(税別)なので、月額換算500円!

例えば毎月10誌購入していた場合、雑誌1冊800円くらいは掛かるので、それだけで

月トータルで8000円。

ひと月で7500円も変わってくるし、1ヶ月で年間プランの元が取れてしまいます。

楽天マガジンに変えるだけで、圧倒的にコスト削減をすることができます。

デメリットとしては、WIFI環境や別途タブレットの購入が必要になること。

ただ、楽天マガジンだけの提供を考えて最低限のスペックにすることで、こちらもかなり費用を抑えることができ、1万5,000円あれば購入は可能です。

楽天マガジンの推奨環境は、「Android4.4以上」「iOS9.0以上」となっており、今やこのスペックを下回るタブレットを探すほうが大変。

楽天マガジンだけの利用を考えれば、スペックはほとんど気にしなくても大丈夫です。

ちなみに、楽天マガジンの利用のみを考えた最低限のスペックであれば、海外製タブレットがねらい目。

海外製タブレットで気を付ける点は、「日本語設定可能」「Wifiが使える」「メモリを最低減の2GBに抑える」といったくらいで、ポイントはシンプルです。

例えば、下記の商品は、性能だけをみると高いタブレットではありませんが、楽天マガジンに利用するといった点でみればメモリも最低限の2GBあり、8型のワイドタイプ。

十分機能が備わっている商品ですよ。

15,000円あれば買えるので、一か月で換算すると、だいたい1250円程度。

雑誌を毎月買うことを考えれば、楽天マガジンに乗り換えた方が断然経費を抑えることができます。

楽天マガジンだと雑誌がぼろぼろにならない

雑誌だとどうしてもみんなの手に渡るので、雑誌がボロボロになるのも気になるポイント。

せっかく清潔な店舗にしていても、雑誌がボロボロだとそれだけで雰囲気が壊れてしまいますよね。

そういった心配もタブレットなくなりますよ。

雑誌でかさばることがないので、店舗がスマートになる

2020年2月時点で、法人向けプランでは350誌以上の雑誌が閲覧が可能です。

楽天マガジンに替えるだけで、雑誌を置くスペースがなくなるので、店舗がスマートになります。

雑誌の代わりに、美容グッズやインテリアが置けるようになるので、店舗の使い方の幅が広げることができるのはありがたいですね。

雑誌購入の手間が省ける

楽天マガジンに替えることで、雑誌の購入の手間も省けます。

あわせて廃棄といった手間も掛かりません。

もっというと楽天マガジンでは、バックナンバーといった過去の雑誌も読めるので、雑誌の交換といっためんどくさい作業もなくなりますよ。

楽天マガジンを導入する客側のメリット

それでは、楽天マガジンを導入する上でのお客さん側としてのメリットを紹介していきます。

楽天マガジンを利用すると読みたい雑誌が読める

楽天マガジンで取り扱っている雑誌は、コンビニや本屋の店頭で並んでいるメジャーな雑誌はほぼほぼ取り揃えています。

よほどマニアックなものでない限りだいたいあるので、幅広い客層にも対応できます。

ただお客としては、

「いつも読んでいない雑誌が読みたい」

「ファッション誌以外も読みたい」

なんて思ってしまいます。

ただ、分かってはいても店舗で雑誌を取り揃えるといってもやはり限度があるので、そういった点では楽天マガジンは便利に利用することもできると思います。

楽天マガジンだとお店の人に気を使うことなく、違う雑誌を読める

お客さん目線でいうと、

「渡された雑誌、実はそんなに読みたくない」

「読み終えたから、別の雑誌が読みたい」

「手に取ったはいいけど、やっぱり他のしたい」

などなど、どうしてもお店の方にお願いってしづらいんですよね。

人それぞれのところはあるとは思いますが、「気兼ねなく手に取れたな~」なんて僕は思っていました。

その点、楽天マガジンだとストレスフリーに自分の読みたい雑誌が読めるのはありがたいですね。

楽天マガジンだと雑誌に髪の毛が挟まっていて気持ち悪いといったことがなくなる

客側として気になるのは、やっぱり人の髪の毛ですよね。

気晴らしで読んでいる雑誌に人の髪の毛が挟まっていると、それだけで気分が萎えてしまうこともありますし、やはり店側としても入念なチェックに気疲れするポイントではないでしょうか?

そんな心配もタブレットだと必要ありません。

お手入れもサッと拭く程度で済むので、お店側としてもかなり負担が減りますよ。

まとめ

楽天マガジンは、メジャー級の雑誌が450誌以上楽しめるサービスです。

  • 追加料金は一切なし
  • 31日間の無料体験付き
  • 業界最安値

と評判もよく、大手楽天が提供するだけあって安心なサービスといえます。

月額380円は雑誌1冊購入するよりも、安い価格なのでどう考えてもお得!

初回31日間は追加料金は一切なく、有料会員と全く同じサービスが利用できるので、雑誌好きな方はぜひ試してみる価値ありです。

\まずは31日間の無料体験から試してみる/

楽天マガジン

楽天道場のイチオシ記事
知らなき損?!超絶お得な楽天サービスのおすすめ情報まとめ!

楽天経済圏(=日常生活で出来る限り楽天サービスを使ってポイントを貯めること)に移行するだけで、お金のように使える楽天ポイントが年間5、6万はよゆ〜〜〜で貯まりますよ。

知らないあなたは損をしてるかも?!

そんな楽天が提供するサービスをまとめて知りたい方はこちら。

楽天、、、まじすごいッス!!

クリックして記事の詳細を見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です